アトリエベッラルーナの日記

慶応をやめてイギリスへ〜絵画造形の会社を立ち上げるまで〜

体育会は続く

アート教育のほかにゴルフ関係の仕事もしているとこないだ書きました。

 

選手のマネージャー業

大会運営のとりもち

海外選手の通訳

 

ゴルファーは特に個性もそれぞれ、人生それぞれ、通訳の仕方もそれぞれ

 

マネージャー業は常にプランAからCまで考えて対応し、選手の先を読む仕事

 

通訳はただ英語話しておけばいいのではなく、それぞれの個性に合わせた言い回し、スポンサーをケアするコメントなどなど日々勉強と頭痛…

 

でも世界的に有名な方につかせてもらってほんと感謝です!

例えば、

f:id:atelierbellaluna:20200918120044j:image

 

あと、若手ゴルファーを見ていて思っていたのですが文武両道って大事なのでは?

運動をすることで脳が刺激され運動神経の発達を促し、芸術はドーパミンを急増させストレスを軽減させる。

 

なんだか繋がりが見えてきませんか?

このお話はまたしますね。

体育会と言えども

慶応女子校バトン部。たしかに花形。

 

慶応の男子校野球部の応援や、大学の野球部の慶早戦(慶応体育会は必ず慶応を先に言うこだわり)での応援。

 

可愛いチアのウェアに赤白ポンポン、コンバースシューズ、お値段もそれなりなだけに見栄えも可愛いです💕

 

ただこの華やかな世界の裏には厳しいを超えた体育会の決まりと練習が。。。

 

●先輩が気付くまで大声で挨拶。

●先輩の前で話す時は手を後ろに組む。

●何かあれば先輩たちから放課後呼び出されたみんなで立ってミーティング。

●校外の練習に行く時は自分の荷物に加えて先輩の荷物を持って、先輩たちより先を走る。

●暑中見舞い、年賀状は葉書が字で見えなくなるほど何か書く。

 

えーーー🤨

と思いました💦

 

でも

 

3年生は神様

2年生は人間

 

そして

 

1年生は奴隷

 

って部活に入ってすぐに言われて衝撃もの。

 

それもこれも乗り越えられたのは13人の同学年チームがいたから。

 

女の世界を垣間見て、だいぶ鍛えられたような…

 

社会にでてからも体育会根性抜けず意外に助かってます。

 

なんせ私は子供のアート教育をやりながらゴルファーの通訳、ゴルフトーナメントの運営もしているからです。つい最近まではゴルファーのマネージャーもしていました。

 

なぜ、アートとゴルフ?

 

とよく聞かれるので無理くり「イギリスにいたからです」と関連付けてます…

 

ゴルフ業界はメンズばっかり、そんな中で体育会で培われた先輩への気遣い、先を読む行動などでなんとかやってます!

(Instagram)

https://www.instagram.com/atelierbellaluna.inc/

(オフィシャルサイト) http://www.atelierbellaluna.com

(Youtubeチャンネル) https://www.youtube.com/channel/UCLrdC-hhHOWxkGhqMK5wwbw/

(動画コンテンツ)
http://www.atelierbellaluna.com/videoforsummer.html

 

 

女子校という名の養豚場?

中等部は平和な男女共学中学校でしたが、
慶応女子校は

なんとまぁ

という衝撃がたくさんありました。

女子校という花園かと思いきや、
茶髪、ピアス、ビトンのバッグの先輩たちを目の当たりにして目を白黒
(多分いまはもっと落ち着いた感じです。私の世代はギャル世代ルーズソックス世代なので)
基本的に校則がなく、生徒の自主性を大事にするという校風なので何をしても先生から何か言われることはほとんどありません。

そこで私が入った部活はバトン部でした。

バトン部は部活のかなでもかなりの体育会きつい部活で有名だったので覚悟はそれなりにできていました。

昼休みに筋トレやランニングがあるので、2時間目が終わって20分休みがお弁当タイム

母親もまさか作って3時間後くらいにお弁当を食べているなんて驚いていましたが。

そこから筋トレやって部活が始まる前にお腹がすくにきまってます。

部活が始まる前に食堂でコロッケ食べたり、

部活が終われば買い食いしたり(ほんとに女子校とは思えないほどマナーがなっていませんね〜)

家に帰れば夕飯を食べ、

結局1日何食食べているんだ!??

そんなわけでほかの慶応の学校からは
養豚場
と言われているっていう噂がありました。

でも若者はものすごく動いているのであまり太らない謎。。。

文化祭じゃなく展覧会

なぜか慶応中等部は文化祭とは言わず、展覧会

この展覧会で私も「この学校に行きたい!」と言ったわけですが・・・

お祭り気分というよりは発表会。
小学生からしてみればお姉さんお兄さんがキラキラして見える場所でした。

私はオーケストラ部に入っていたのでもちろんこの日のために
白鳥の湖 やら
ラデッキー行進曲 やら

(あとは思い出せないです)
を練習し、夏休みの合宿に行き、発表しました。
コーチは卒業生。
とにかく部活の良いところは

仲間

部活にかかわらず慶応は大学まで一緒にいるので今でも仲良しで家族みたいな感じでいられるのが不思議ですが、とても幸せです。何かあれば社会人になっても助け合い、一緒に仕事する機会を作ったり、私は慶応大学を出ていないので「三田会」のメンバーではありませんがみんな慶応扱いしてくれるありがたさ。
はたからみたら「暑苦しい仲間」感がでているかもしれませんが・・・

究極のサバイバルゲーム

中等部の林間学校はとにかくひたすら歩かされる。

ただし、子供たちだけが男女混合のグループになって歩くのです。
記憶は定かではないですが、今のように携帯電話も持っておらず、スタートからゴールまで地図を
見ながらひたすら歩いたのかな?おそらく・・・

よくもまぁ、こんなことが成り立つなと今思えばちょっと怖いですが。
森の中を歩いていると、コンパスを持った男の子がガイドしてくれたり、
とにかく3時間、4時間くらい歩いてゴールしていましたね。

ここで生まれるのは
リーダーシーップ

コミュニケーション

今考えると仕事する上でもグループになって行うことが多いです。
リーダシップのある人それに意見する勇気問題を解決する能力全てが必要とされます。

学校教育って理にかなっているなと実感する今日この頃です。

(Instagram)
https://www.instagram.com/atelierbellaluna.inc/

(Youtubeチャンネル) https://www.youtube.com/channel/UCLrdC-hhHOWxkGhqMK5wwbw/

(動画コンテンツ)
http://www.atelierbellaluna.com/videoforsummer.html

(オフィシャルサイト) http://www.atelierbellaluna.com
(お仕事問い合わせ) https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfK75ghW_fT2N6mQTFUGp5Fo6ge61iPoBGktE6OqRNrMj720w/viewform

(アトリエベッラルーナ) 2歳児からのお子様または親子むけアート教室 保育園、幼稚園、インターナショナルスクールなどへの出張クラスやワークショップやイベントのプランニングも行います。これからの時代を生き抜くにはクリエイティブ力が大切。小さい頃から好奇心をくすぐるような環境作りをしながら、アートを超えたSTEAM教育で興味の種をまき、クリエイティブ力をやしなっていきましょう。 弊社代表は英国修士号を持ち、アメリカのチルドレンミュージアム連盟のメンバーでもあり、今まで視察してきた海外の子供向け美術館・博物館は多数に及びます。その経験を生かして子供たちが夢中になれるカリキュラム作りを心がけています。

100首なんて・・・無理じゃない

慶応中等部に入るとまぁ、頭の良い人(成績優秀)な人が多くてびっくりしました・・・
それと同時に置いて行かれないようにというプレッシャーもありましたね。
中間、期末で成績が悪いと親が保護者会のあと残らされると聞いたらなおさらプレッシャー。

このときは普通に勉強して慶応大学まで行けるならという感じで英語の塾しか行っていませんでした。

中学では
オーケストラに入り、学校外ではテニスを習い、大いに楽しんでいましたし、なんせ
もう受験地獄がないと思えば
パラダイス
でした。

中でも、中等部で記憶に残っているのは

百人一首100個丸暗記

サバイバルのような林間学校

展覧会と言われる学園祭

ですかね〜

中学受験をするとなにかを暗記するものばかりなので記憶力はそこそこありましたが、百人一首100首覚えるというのは毎日こつこつやらなくてはいけません。
今となっては5首くらいしか覚えていませんが・・・

結局今となると、覚え続けることは大事ですが、覚える過程と努力が大事だったんだなと実感。

(Instagram)
https://www.instagram.com/atelierbellaluna.inc/

(Youtubeチャンネル) https://www.youtube.com/channel/UCLrdC-hhHOWxkGhqMK5wwbw/

(動画コンテンツ)
http://www.atelierbellaluna.com/videoforsummer.html (オフィシャルサイト) http://www.atelierbellaluna.com
(お仕事問い合わせ) https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfK75ghW_fT2N6mQTFUGp5Fo6ge61iPoBGktE6OqRNrMj720w/viewform

(アトリエベッラルーナ) 2歳児からのお子様または親子むけアート教室 保育園、幼稚園、インターナショナルスクールなどへの出張クラスやワークショップやイベントのプランニングも行います。これからの時代を生き抜くにはクリエイティブ力が大切。小さい頃から好奇心をくすぐるような環境作りをしながら、アートを超えたSTEAM教育で興味の種をまき、クリエイティブ力をやしなっていきましょう。 弊社代表は英国修士号を持ち、アメリカのチルドレンミュージアム連盟のメンバーでもあり、今まで視察してきた海外の子供向け美術館・博物館は多数に及びます。その経験を生かして子供たちが夢中になれるカリキュラム作りを心がけています。

選択肢と選択!?

小学校1年から塾通い。
ほかにも、ピアノ、声楽、水泳を習っていましたが、今の子供に比べたら習い事は少なめかもしれません。

英語もやっていたわけではないですし・・・
ロボット教室も行っていなかったですし・・・

ただ塾にはずっと友達も一緒に通っていたので全く苦痛というよりは楽しみの1つでしたね。
母親はお弁当作りもし、帰ってきたら復習につきっきりで大変だったと思います。
うちの場合、子供部屋で勉強しないで、必ず
リビングで勉強していたので周りの家族も気を使ったと思います。

親は早い段階で「慶応」を目標にしていたかもしれませんが、本人は全くなにもわからず塾通いしていた感じです。
しかも超できの悪い生徒。小学校でそこそこやっていても塾に行けば精鋭揃いでびっくり。

慶応に出会ったのは小学校5年くらいでした。
文化祭に行ってそこにいた生徒さんに憧れて
「私もここに行きたい!」と言いました。
親の作戦にはまった感じですが、自分で言ったからには・・・ということで、さらなる
スパルタ勉強が始まりました。

親はある程度の選択肢を目の前に提供し、子供に責任を持って選択させる

というのが大切です。
おいおい「頭が良くなる教育」という本で学んだことも書いてきたいと思います。






(Instagram)
https://www.instagram.com/atelierbellaluna.inc/

(Youtubeチャンネル) https://www.youtube.com/channel/UCLrdC-hhHOWxkGhqMK5wwbw/

(動画コンテンツ)
http://www.atelierbellaluna.com/videoforsummer.html

 

(オフィシャルサイト) http://www.atelierbellaluna.com

 

(お仕事問い合わせ) https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfK75ghW_fT2N6mQTFUGp5Fo6ge61iPoBGktE6OqRNrMj720w/viewform

(アトリエベッラルーナ) 2歳児からのお子様または親子むけアート教室 保育園、幼稚園、インターナショナルスクールなどへの出張クラスやワークショップやイベントのプランニングも行います。これからの時代を生き抜くにはクリエイティブ力が大切。小さい頃から好奇心をくすぐるような環境作りをしながら、アートを超えたSTEAM教育で興味の種をまき、クリエイティブ力をやしなっていきましょう。 弊社代表は英国修士号を持ち、アメリカのチルドレンミュージアム連盟のメンバーでもあり、今まで視察してきた海外の子供向け美術館・博物館は多数に及びます。その経験を生かして子供たちが夢中になれるカリキュラム作りを心がけています。